講演の黄金ルール┃専門家や著名人へ依頼する際のヒント集

セミナー

満足させること

講義

講演会の開催において、忘れてはいけないことは参加者にとってプラスになるかどうかです。企画・主催をする側にとって講演は主旨や目的を持って準備を始めることになりますがそれが主催者側だけの意向では成立しません。基本的には参加者達が何らかの知識や技術を学ぶきっかけとなるような気づきに出会えるかどうかがポイントになります。ですから、実際に講演依頼をする際はプラスに働きかける何かを考えていくことが大切でしょう。もちろん、開催前に参加対象者に対して、「講演にどんなものを求めているか」「どういうスタイルで参加したいか」などをヒアリングしておくと専門家に依頼をする際の企画書に盛り込むことができるでしょう。参加者目線に意識をしておくことが講演成功のカギを握ります。

講演を行う際は、1回限りのイベント的な形式のものもあれば、係属して行う形式のものもあります。後者の場合はさらに次回の講演をより良くする為に必要な取り組みを行なっていくことが大事でしょう。ですから、「講演に来てくださった専門家の依頼内容が問題なかったかどうか」「次回の講演にどんなものを求めているか」ということをアンケートしてから課題と解決を進めていくことも忘れてはいけません。これがあることによって、より良い講演へとつなげることができるようになりますから、参加者の声は出来る限り耳を傾けることを意識するといいでしょう。また、間接的に関係してくる会場選び自体も公演中の満足度を大きく左右するポイントとなるので、参加人数や目的、そして依頼した専門家がアクセスしやすい場所を意識的に選ぶようにしましょう。