講演の黄金ルール┃専門家や著名人へ依頼する際のヒント集

セミナー

前もって準備すること

講演を依頼する際には企画書が必要

講義

講演依頼をするには、まずその専門家を探すことがスタートになります。選定方法は色々ありますが先にしておくべきことは、主催する講演の目的などを考慮して最適な人材であるかどうかを見極めます。その道のプロと言っても正直ピンキリですから選定が難しいと感じるかもしれません。しかし、ある程度予算や開催予定日のスケジュールが空いている人など、突き進めていくとピンポイントで絞られてきます。また、今、トレンドの著名人に講演依頼を検討している場合は、口頭でお願いをする方法ではなく企画書を用意してから話を進める場合もあるので事前に準備をするようにしておきましょう。そうすれば、依頼をする際もスムーズに話を通しやすいですしバタバタすることなく講演の準備を進めることが可能です。

依頼ルートで変わる

イベントなどを主催する側は、講演会などのイベントを行う際に適任者となる人へ依頼をかける必要があります。この時、気楽にアポイントを取ることができる人もいますが、そのような人ばかりではありません。むしろ、専門レベルのクラスが高くなると各地で講演の依頼が舞い込んでいますから、それぞれの窓口を確認した上でスケジュールの確認とアポイントを行う必要があります。思っていたよりも簡単に進めることができるものではないので、前もって予定を先方に伝えた上で依頼をかけておいた方が安心でしょう。また、講演をお願いするルートによっても、スムーズにOK が出る場合もあればNGが出る場合もあるのでその点を事前に確認しておくことも大切です。